クーポンの配信で集客できるO2O

最近、O2Oというマーケティング手法が主流となってきました。SNSの公式アカウントやメルマガ、広告など、オンラインで潜在的な顧客に接触を行い、オフライン、すなわち実店舗での購買に誘導するようなことができます。具体的には、実店舗をもつ飲食店や小売店などが、SNSの公式サイトなどで割引もしくはサービス追加クーポンを提供し、実店舗に来てもらう行動につなげるといったことが最もポピュラーな手法です。 スマートフォンなどで確認ができるようオンライン上で配布することも多々あり、顧客が持ち運びをするうえでも利便性が高くなっています。また、掲載内容の更新が素早く行え、広告が購入にどの程度結び付いたかを計測することなども簡単に行えます。

O2Oマーケティングに欠かせないクーポン配信

クーポンは様々なサービスをお得に受けることができたり、安価に商品を手に入れることができるもので、オンライン上にて配布するところも増えてきています。顧客が便利に使用できるだけではなく、配布をする側にも、従来よりマーケティング施策の効果測定がしやすく、活用しやすいというメリットがあります。 今までは、オンラインで店舗や商品の情報に接触した顧客がどの程度来店してくれたのかや、どのくらい購入に結び付いているのか、どの媒体がもっとも来店に結び付いているのかといった分析は、なかなか行うことが難しいものでした。それに対してO2Oでは実店舗に顧客が利用したクーポンの数を数えれば簡単にマーケティング分析ができます。特別なITの知識も不要で、店舗のオーナーは既存のマーケティングシステムを導入するだけで良い、ということになります。

位置情報をうまく活用する

ポイントカードやクーポンの提供と併せて、オンラインでのサービスがどのように作用をしたのかという結果を分析することが求められます。 例えば来店コンバージョンは、検索連動型広告を活用した際にユーザーの位置情報を利用して、広告を見たユーザーが来店したかどうかを計測するサービスです。実際に小売店や飲食店で活用されており、来店率の向上、集客コストの削減につながったという実績があります。リアル店舗の顧客リストと自社サイトの閲覧情報をマッチングさせて、自社サイトにアクセスした顧客が購入につながったかを計測する分析サービスを利用すれば、広告の効果を簡単に解析することが可能になります。 位置情報システムをうまく活用し、リアル店舗へ誘致をすればさらに強力です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加