O2Oで効果や実績を明確にする意味とは

O2Oはオンライン上の情報がオフラインでの活動に影響を与えるという概念ですが、例えばホームページを作成して、そこにいろいろな特典を掲載しておけば、それを読んで買い物に来てくれると期待するでしょう。ただ、その効果については明確に見えない点が問題視されるようになりました。どのような形で実績が出ているのか分からないため、もっと改善すべきなのか現状維持でいいのか判断ができないのです。 また、経営者が専門的な知識を持っていなくてもホームページを作ることはできます。しかし、その作業に力を入れる余裕がなければ、いずれは誰もアクセスしなくなります。スマートフォンなどを利用している人は、サイトの充実、つまり得られる情報の充実を期待しているので、提供できる情報の内容を充実させること、それによって得られるリターンを明確に分析できることを考えなければなりません。

O2Oによって得られる効果を可視化することが大切

店舗やサービスの宣伝は新聞広告だけではなくホームページやメールで行うことが一般的になりました。ところが、その効果を知るためのツールは専門的であることが多いため、大規模な店舗でなければなかなか利用ができません。個人経営に近いショップは解析することが手軽にできないということです。解析ができないのでは意味がないと宣伝がおろそかになることもよくありますが、何も宣伝をしなくなれば、客足は遠のいてしまうでしょう。ユーザーは常に新しい情報を求めているからです。 毎日の買い物や食事の場所について考える際にも、過去の経験だけではなくネットからの情報を得て考える人が大勢います。特にオンラインでポイントの有無などお得な情報を得ると、何となく利用したくなるものです。オンラインにて提供する情報が実店舗への実績へつながることが重要であるため、ユーザーが何を求めてあなたの店舗を訪れているかを把握できるよう、直感的に詳しく結果が分析できる環境を整えましょう。

O2Oにおける実績評価

ビジネスにおいて宣伝は重要ですが、それ以上に評価が大切です。売り上げの状況を見れば宣伝の効果が間接的に分かりますが、自分の店舗に不足していることを知るために実績評価を確実に行うことが大切です。 オンライン上で提供したどの情報がどういった行動に結びついたかなど、結果が見えれば対策を打つことができます。インターネットがなかった時代に戻ることはありません。ネットから得られる情報を使ってビジネスを充実させていくことを考えていきましょう。それが成功への分かれ道となります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加