GPSを利用したO2Oによる集客

店舗を運営していて必要なことは集客です。顧客が来なければ売り上げは上がりません。顧客を呼び込むには店舗を知ってもらう必要があります。従来は看板を出して周辺の人に存在を示すことで顧客を呼び込むことができていました。それは業種が多様化した最近ではほとんど意味をなしません。 いろいろなことがスピードアップして一日にやらなければならないことが短時間でこなせるようになった今では自由と呼べる時間がなくなってしまいました。結果として、周辺を歩いて店舗を探すと言う行為をしないでインターネットによって事前に場所や情報を収集するように変化しています。そんな時代で集客をするためにはインターネットの力を借りないわけにはいきません。そして、さらなる情報提供方法も知っておく必要があります。

オンラインの活用による実店舗の運営

オンラインでオフライン、つまり実店舗の情報を提供するサービスをO2Oと言います。インターネットを通じて店舗の情報を公開し、見つけてもらうことで集客する方法です。いままで主流だった紙媒体での運用と異なるのは、ターゲットを決めて情報提供しなければ意味がないと言うことです。チラシや掲示板などで情報提供する時には地域が限定されます。 インターネットでは世界中が対象地域になります。そのためGPSなどの位置情報を利用した絞り込みが重要です。この近くにある店舗として表示されることで実際に行けるところにいる顧客を引き込むことができます。そして位置情報と一緒に店舗の有益な情報を表示することで他社との差別化をして、たくさんある選択肢から選んでもらえる可能性を引き上げていきます。

公表される店舗の評価で差別化する

多くの店舗で同じようになサービスを利用しているのでO2Oによる周辺情報に表示されるだけで、集客できるわけではありません。顧客はたくさんある情報の中からどのようにして自分にあった候補を導き出すのでしょうか。それは行ったことがある人の体験談です。過去にその店舗に行った人がどのようなことを体験して、どのように感じたのか、それがわかれば嫌な思いをするリスクを回避することができます。だからSNSによる店舗の評価はとても重要な広告になります。 その影響力は周辺の住民の口コミよりも早く、そして長い間影響を与えることになります。O2Oで注意すべきなのは一度公表された情報が残り続けると言うことです。良い印象を与える情報が位置情報とともに表示されることが集客をあげるキーポイントです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加