O2Oのポイントカードを使う注意点

小売店がポイントカードを導入して久しくなりますが、昨今ではカード同士の連携が盛んになっていて、カードをたくさん持たなくても問題なくなってきています。しかし、カードを無くしてしまってポイントが無駄になってしまったという経験をお持ちの方もおられるのではないでしょうか。また、他の財布に入れていたりして提示するタイミングで見つからなかったというケースも起こり得ます。そこでO2Oでポイントサービスを行うことが進められています。 簡単な例で言えばスマートフォンを提示するだけでポイントが貯まるサービスです。ポイントはアプリ上で管理されるため、交換や確認などは極めて簡単になります。また、カードを発行する手間や費用もかからないので、コストダウンを行うことができます。

ポイントをアプリで管理するメリット

ポイントカードをO2Oの施策として行う大きなメリットと言えるのが、ポイントのアプリ上で様々な販売促進活動を行えることです。ポイントの確認や交換をする際にはアプリを起動しますが、その際にお得な情報などを見てもらえるチャンスが生まれます。ユーザーとしてもお得な情報が自然に手に入るメリットがあります。お店もチラシなどを介さずに情報発信を行えるのが大きな魅力です。 また、ポイントカードのアプリを利用しているということは、ある程度そのお店に足を運ぶことのある方という可能性が高く、販売促進の効果が出やすいという利点もあります。従来のポイント制度では店頭にある機器を使ってポイントを管理するか、ホームページ上にログインする必要がありましたが、アプリなら利用も交換も簡単です。

ポイントサービスを利用する際の注意点とは

O2Oのポイントカードにおいても注意すべきポイントはあります。アプリでポイントを管理できるようになったことで今まで以上にポイントの確認が簡単になりました。その結果、ポイントを貯めたいという気持ちも比較的沸き起こりやすくなっています。しかし、ポイントは貯まりやすさだけでなく、還元率も大切です。いくら貯まりやすくても還元率が低いとメリットは薄くなります。 また、街の中にはポイントサービスを行っていない代わりに安さで勝負しているお店もあります。どちらがお得になるかを比較してみることが大切です。ただ、既によく利用しているお店に関してはポイントの有無に関わらず通い続けることが考えられるので、ポイントを使って少しでもお得にするのは有効な手段です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加